記事リスト

ブランク期間を明確にする

ウーマン

質問には素直に答えよう

真面目に就活をしていたつもりでも、運が悪く新卒採用とならなかった人は居るものです。このような人は、既卒での就活を始めることになります。当然、企業は既卒よりも新卒を採用したいと思うことでしょう。それを勝ち抜くためには、最初から既卒大歓迎と謳っている企業を探せばいいのです。企業によっては新卒でも既卒でも大して変わらないと思っているところもあります。そのような企業に巡り会えれば、既卒でも就活はスムーズにいくことでしょう。根気よく探すことをおすすめします。また、面接まで辿り着くと意地悪な質問をされることもあるはずです。例えば、ブランク期間はどのように過ごしていたのかといったことが挙げられます。もちろん素直に答えましょう。多くの人は就活をしていたはずです。もしくはアルバイトしながら就活をしていることもあるので、正直に答えましょう。アルバイトはどんな職種なのか、細かく聞かれることもあります。内容によっては真面目で根気があると好印象を持ってもらえることもあるはずです。それに、既卒での就活を通して新卒時とはまた違った風景が見えてくることもあります。自身の考え方も変わることがあるでしょう。この期間を通して学んだことが就活に生きてくることもあります。既卒だからといって卑下することなく、地道に就活を続けることが大事です。こうしてコツコツと頑張っている人をちゃんと見ている企業もあります。そのようなところなら採用してもらえることでしょう。

Copyright© 2018 貿易業務に転職する魅力【広いフィールドで活躍】 All Rights Reserved.